ポリ袋を水漏れなく締める生活の技

ポリ袋を水漏れなく締める生活の技

ポリ袋を水漏れなく締める生活の技 スーパーで買い物をしたときにはいろいろな袋を使います。最近配布が少なくなりましたがレジ袋があります。買ったものを入れて家に持って帰ります。レジ袋の代わりにエコバックを持っていれば持ち帰るのに困ることはありません。食品の中には直接レジ袋などに入れるのをためらうものがあります。野菜や肉や魚などです。水分がついたりするので困ります。

その時に使うのがポリ袋です。レジ袋などよりも薄いですがいろいろなものを入れることができます。買い物のときに使ってそのまま捨てることもありますが帰ってから再利用することもあるでしょう。ものを入れておいて密閉したい場合がありますがなかなかうまくできません。手で結び目を作ることもありますが緩いと空気が入ります。強すぎると開くときに困ります。

生活に使う身近なものを使うことでポリ袋をきちんと密閉することができます。ペットボトルを用意してキャップとキャップを締める部分を用意します。締める部分はカッターなどで本体から切り離します。密閉したいものを入れた袋の入れ口を締める部分に通します。そしてキャップを締めます。すると密閉できます。もともと水分を遮断していますから袋に水分が入っていても流れてくることはありません。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2019ポリ袋を水漏れなく締める生活の技.All rights reserved.